FX用語集

外国為替証拠金取引(FX)に関連する用語をフリーワード、頭文字別、カテゴリー別に検索ができます。特に初心者の方がスタートする上で、必須な用語をわかりやすく解説します。

ストキャスティクス

【読み方】 ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、オシレーター系のテクニカル指標のひとつで、「買われすぎ」、「売られすぎ」を判断するときに使います。 1950年代にジョージ・レイン氏により考案されたチャートで、「%D」が80%以上で買われすぎ、20%以下で売られすぎと判断し、買われすぎのときは下落を予想して「売り」と判断し、売られすぎのときは上昇を予想して「買い」といったように判断します。ストキャスティクスには、反応の速いファーストストキャスティクスと反応の遅いスローストキャスティクスがありますが、だましの少ないスローストキャスティクスが使われることが多いようです。